エリカ・アンギャルのダイエット方法試してるょ

0 脱毛をスムーズに行うために毛の構造を知ることにしましょう。

admin to 未分類  

毛孔・毛包と言うのはいわゆる毛穴のことで毛穴は表皮のくぼみをさします。
毛幹・毛根・毛球は毛は存在する位置によって名称が変わりますがすべて「毛」のことです。
毛乳頭は 毛穴の一番下の部分で毛細血管が入り込み、毛母細胞へ酸素や栄養を送り込むことになります。
毛母細胞は血液や栄養を毛乳頭からもらって細胞分裂を繰り返し、毛として伸びていきます。毛母細胞がある限り、毛が生えることになります。
皮脂腺は毛穴の中に開口しています。皮膚を保護するために皮脂を分泌することになります。
人の毛は毎日抜けては生えるということを繰り返しています。この毛の生えかわる周期を毛周期(ヘアサイクル)といいます。
表面に出ている毛は、全体の1/3程度で、残り2/3は、皮下で伸びる準備をしていることになります。
産毛の状態を早期成長期毛といいます。 成長期の毛が発毛すると、次第に毛球が大きくなり、 毛幹(=毛)が太くなってきます。
毛根が皮下組織にまで到達する時期を後期成長期毛といい退行(移行)期には成長期の毛も数年経つと寿命がきて、毛球から角化がはじまります。約二週間で次の休止期の状態になります。
休止期の毛球は完全に角化し、次第に押し上げられ、脱毛しますから毛穴からは毛(毛幹)がない状態ですになります。この時に下部の毛母細胞では すでに次の毛が生えてくる準備をしています。
つまり、 時期がくればまた毛は生えてくることになります。
これが毛周期です。
レーザー脱毛処理にはこの毛周期がポイントになります。休止期に入っている毛の処理は、レーザー脱毛でも難しいとされ
完全で永久的な脱毛のためには、レーザー脱毛などで毛母細胞を破壊してしまう処理を、毛周期に合わせて数回繰り返す必要があります。
この毛周期に合わせてレーザー脱毛処理を行うことが重要です。

 

 

コメントする